印鑑 押しやすい素材

印鑑には押しやすいものとそうでもないものが存在します。押しやすい印鑑は朱肉のノリが良く、適度な重さがあるものでブレずにしっかり持てるある程度の太さがあるものです。朱肉との相性が良い素材には例えば昔から人気の高級印材である象牙や最近特に人気の高いチタン素材などがあります。象牙は使えば使うほど朱肉のインクが素材に染み込み朱肉との相性が上がっていきます。一方チタンはインクを吸い上げることはありませんが、チタンの性質上朱肉が万遍なく馴染み綺麗な印影を出すことができます。特にチタン印鑑は他の素材に比べて重量感があるため、しっかりと捺すことができ押しムラができにくいため相乗効果で誰が押しても綺麗に押せると言われるほど失敗が少なく押しやすい印鑑素材と言えるでしょう。また、チタン素材は象牙や黒水牛などの牙角系の素材と比べてはるかに耐久性と耐食性が高いため、長く使い続けても印影が変わってしまう心配もほぼなく半永久的に綺麗に押すことのできる押しやすい印鑑と言えるでしょう。

最近の更新記事

  • 印鑑は認印だけではなかった(2015/06/22 02:49:39更新)

    印鑑は認印だけではなかった 印鑑はほぼ認印しか使ってこなかったし、実印・銀行印は使う予定もなかったですが、この際作ることにしました。インターネットでまとめ買いすると、比較的安くなっています。それに材...

  • 実印を作った時の話(2015/06/22 02:43:00更新)

    実印を作った時の話  最近住宅を購入しました。旦那の名義であるが彼はちゃんとした印鑑を持っておらず、この際いい機会だから実印を作ろうと私が勧めました。とはいえ私も印鑑を作ったことがあるのは、上海に旅...